【必見】住宅展示場でおすすめの見学方法3選!メリットや注意点も解説

2024.02.06

マイホームを検討する際に「住宅展示場を見学してみたい」「色々なハウスメーカーの家を比較したい」「家づくりを具体的にイメージしたい」という方も多いのではないでしょうか。

マイホームは人生の中でも大きな買い物になるため、ハウスメーカーを吟味して慎重に検討したいのは当然です。

そこで今回は、以下のような内容を詳しく解説します。

・住宅展示場に行く4つのメリット

・住宅展示場でおすすめの見学方法3選

この記事を読んでいただくことで、住宅展示場でおすすめの見学方法が理解できるだけでなく「後悔しない理想の家づくり」の実現に近づけます。ぜひ参考にしてみてください。

住宅展示場を見学する4つのメリット

住宅展示場の見学は、マイホームでの生活がイメージできるだけでなく、不安や悩みの解決に繋がるためおすすめです。

ここでは、住宅展示場に行く4つのメリットを解説します。

家づくりのイメージが分かる

住宅展示場では、複数のハウスメーカーが建築したモデルハウスを見学できます。

ハウスメーカーが実際に建てる家を再現してあるため、家づくりのイメージが分かりやすいです。ホームページやカタログでは気付けない「家の雰囲気」を感じとれます。

「新築住宅に住む自分をあまりイメージできない」という方は、一度見学するのがおすすめです。

複数のハウスメーカーが比較できる

住宅展示場には、複数のハウスメーカーがモデルハウスを展示しています。そのため、気になるハウスメーカーの比較検討が可能です。

ハウスメーカーによって、様々な特徴があります。

・外観やデザインにこだわった家

・地震に強い構造の家

・木造の家

・鉄骨造の家

・アフターサービスにこだわる家

それぞれの特徴を比較して、自分に合うハウスメーカー選びが判断できるのが住宅展示場のメリットです。

さらに複数のハウスメーカーが1つの住宅展示場に集約されているため、短時間で効率良く情報収集ができるのもポイントになります。

子ども連れでも安心できる

住宅展示場は、小さな子ども連れの方でも気軽に見学できます。ハウスメーカーによってはキッズルームがあるため、モデルハウスの見学に集中できます。

また、営業担当の方が子どもの面倒を見てくれるケースもあるため安心です。

さらに、住宅展示場によってはイベントを開催しています。キャラクターグッズの抽選会やお菓子すくいなど「子ども向け」のイベントになっているため、退屈しません。

様々な特典が受けられる

期間によっては、見学することで特典を受けられる住宅展示場があります。例えば、事前に見学予約すれば、クオカードなどのプレゼントをもらうことが可能です。

ただし、プレゼントをもらうためには以下のような条件があるため、事前にチェックしておきましょう。

(例)

・具体的に家づくりの計画がある方

・初めて来場する方

・WEBサイトから見学予約した方

住宅展示場では、家づくりの相談ができるだけでなく「特典」を受けられる期間があるため、HPなどをチェックしておくこともおすすめです。

【厳選】住宅展示場でおすすめの見学方法3選

理想の家づくりを実現させるためには、住宅展示場の見学方法にこだわることが必要です。

ここでは、住宅展示場を見学する際におすすめな3つの見学方法を解説します。

1社に絞らず2~3社見学する

モデルハウスの見学は、1日2〜3社がおすすめです。1社だけ見学しても、他社との違いや特徴、費用面などを比較できません。

希望する予算やデザイン性などを比較するためにも、以下のようなチェックシートを持参して見学するのがおすすめです。

【5段階評価】

価格 デザイン 耐震性 総評価
A社 3 5 5 4.3
B社 4 4 3 3.7
C社 4 5 5 4.7

見学するモデルハウスの数が多すぎると、最後に見学するころには疲れ果てて情報が整理できないなどの恐れがあります。

あらかじめ、見学するハウスメーカーを2〜3社ピックアップしておくのがおすすめの見学方法です。

実際の生活をイメージしながら見学する

モデルハウスを見学する際には、実際の生活をイメージするようにしましょう。

・キッチン、お風呂、洗面所の行き来がしやすいか

・玄関からお風呂やトイレが見えていないか

・洗濯機置き場からベランダまでの移動はしやすいか

特に見落としがちなのが、生活動線や家事動線です。キッチンやお風呂の設備がどんなに素晴らしくても、生活しにくい間取りでは住んでから後悔します。

モデルハウスの見学時に営業担当者と話し合いながら、入念にチェックしましょう。

デザインだけでなく耐久性や断熱性などを確認する

モデルハウスでは価格やデザインが気になりがちですが、家の構造を確認することを忘れてはいけません。家の構造によって、メリットやデメリットがあります。

 

メリット デメリット
木造 設計の自由度が高め 気密性が低め
鉄骨造 品質が一定 重いため地盤強化が必要

家の構造次第では、希望の間取りや部屋の広さなどが実現できません。

モデルハウスの「構造」に注意して、本当に希望の家が建てられるハウスメーカーなのかどうかをチェックしましょう。

住宅展示場を見学する際の注意点を意識しよう

住宅展示場は様々なハウスメーカーが集約しているため、短時間で様々なモデルハウスを見学できます。

後悔しない「理想の家づくり実現」のためには、以下の注意点を意識しましょう。

・希望の予算や間取りを詳しく伝える

・分からないことや不安な点は積極的に質問する

具体的にマイホーム計画が決まっていない方は、大枠でも良いので希望する予算や間取りをできるだけ詳しく伝えましょう。それによって、担当者から適格なアドバイスを受けやすくなります。

RKB住宅展示場には、家づくりの専門家が常駐しています。家づくりの悩みや資金計画で分からない点などを積極的に質問することで、悩みが解決するかもしれません。

これからマイホームをお考えの方は、ぜひお気軽に住宅展示場を見学してみてください。

この記事を書いた人
岩井 佑樹
岩井 佑樹(宅地建物取引士・シニアライフ相談士)
飲料メーカーを経て2014年に宅建士として不動産会社に転職。2019年に不動産ライター業を始める。2023年12月現在、不動産会社のコラムや不動産関連記事を300記事以上作成。現在は不動産会社とWebライター業の会社を経営。現役不動産屋ならではの経験から、不動産に関する「リアル」な記事を発信している。

ブログ一覧へ

ピックアップ記事

イベント

【3月イベント情報】春のお菓子まつり

2024.02.27

【3月イベント情報】春のお菓子まつり

→ MORE

ユーザーズボイス

vol.10「家づくりに3年。吹き抜けとインナーガレージを叶えた、満足度MAXの住まい」

2024.02.13

vol.10「家づくりに3年。吹き抜けとインナーガレージを叶えた、満足度MAXの住まい」

→ MORE

イベント

【2月イベント情報】今年の冬はRKB住宅展に行こう

2024.01.31

【2月イベント情報】今年の冬はRKB住宅展に行こう

→ MORE