【注文住宅】後悔しない!付けてよかったオプション3選

2024.01.25

注文住宅でのオプション選びは難しいもの。楽しいと思う半面、付けずに後悔はしたくないですよね。

本記事では、注文住宅で付けてよかったオプションを3つ紹介します。ぜひ最後まで読んで注文住宅を建てる際の参考にしてください。

大幅な時短が可能!使いやすいフロントオープン食洗機

まずは、フロントオープン食洗機です。食洗機が便利なのは、言うまでもないですが、従来のスライドオープンタイプと比べて、フロントオープンタイプは非常に便利といえます。

フロントオープンは、前扉を手前に開けて、前面に中のカゴを引き出すタイプの食洗器です。フロントオープン食洗機は、上からしか入れられないスライドオープンタイプと違い、横や前からも食器類を入れることができます。

中のカゴは上下2段となっており、下の段にお皿類、上の段にコップ類と分けて入れることができ、大きめの調理器具を入れるときは上のカゴをはずすことができるため便利です。

また、大きなパスタ鍋やフライパンなど種類を選ばず収納することが可能で、大容量の収納力も魅力といえます。家族の人数が多い場合、従来のスライドオープンタイプでは2回使う必要があったものが、1回で済むため時間と手間が省けるでしょう。

フロントオープン食洗器のメリット

〇大幅な時短が可能

食洗器の最大のメリットとして、時間の節約が挙げられます。食器類や調理器具を手洗いする時間は、一日の家事の時間の中でも大きな割合を占めているといっても過言ではないでしょう。手洗い後に乾燥させる時間まで考えるとかなりの時間がかかります。

食洗器を使えば、食後に食洗器を入れて、洗剤投入後ボタンを押すだけで乾燥までしてくれます。以前は、油汚れが残ったり、角度によっては汚れが落ちていなかったりと後から確認する必要がありましたが、最近ではそんなことはほとんどありません。

最近の食洗器は、約60〜80℃の高めの水温で洗うため油汚れを浮かし、機械による一定の噴射水流でしっかり洗剤も流します。

食洗器用洗剤には、手洗い用洗剤には配合できないタンパク質分解酵素とデンプン分解酵素も含まれているため、卵汚れや茶渋といったさまざまな汚れにも対応していて安心です。

大容量が一度で洗えるフロントオープン食洗機であればさらなる時短が可能となるでしょう。

浮いた時間を洗濯など別の家事の時間や、家族と過ごす時間にあてられるため、普段の生活にゆとりができることは大きなメリットといえます。

 

〇光熱費が削減できる

手洗い時に比べ、水道代が大幅に節約できることもメリットです。冬場はお湯を使うこともあり、ガス代や電気代がかかるため、光熱費の削減につながるでしょう。

経済産業者によると、手洗い、食洗機ともに1日2回使った場合で比較すると、年間で約6,470円も節約できます。

大幅な時短ができるうえに光熱費も削減できるため、フロントオープン食洗器の導入は真剣に検討することをおすすめします。

※給湯器(40℃)、使用水量65L/回(冷房期間は、給湯器を使用しない)の手洗いの場合と給水接続タイプで標準モードを利用した食器洗い乾燥機の場合の比較

参考:経済産業省|省エネポータルサイト

フロントオープン食洗器のデメリット

フロントオープン食洗器のメリットを紹介しましたが、デメリットも知っておく必要があります。フロントオープンタイプに食器などを出し入れする時に、ある程度かがむ場合があるため、腰をかがめるのが辛い方は最初に入れる位置を考慮することをおすすめします。

また、フロントオープン食洗器は海外メーカーが主流のため価格が高いことがデメリットです。

しかし、最近では国内メーカーでもフロントオープン食洗器を取り扱うメーカーもあるため、これからは導入費用も緩和されていく可能性が高いといえます。

デメリットはありますが、メリットを考えると、さほど問題にはならないでしょう。

衛生的で便利!大活躍するタッチレス水栓

タッチレス水栓もおすすめのオプションになります。タッチレス水栓とは、水栓に触れなくてもセンサーに手をかざすだけで水を出したり止めたりすることができる水栓のことです。

衛生的なためコロナ禍に広がった印象が強いですが、調理中など手が汚れている状態で水栓の蛇口を触る必要がないため便利です。

最近では、新型コロナウイルス感染症の予防のために、洗面台にもタッチレス水栓を導入する家庭が多くなりました。

ウイルスや菌は手に付着したものが体内に入って感染することがあるため、タッチレス水栓によって感染予防になります。冬場はインフルエンザも流行するため、小さい子供がいる家庭はとくに重宝するでしょう。

また、水栓を触らずに、水を出したり止めたりすることができるため、余分な水を出す必要がなく、節水効果も期待できます。濡れた手で蛇口を触らないため、水アカが付きにくく掃除がラクになることもメリットでしょう。

しかし、タッチレス水栓にもデメリットはあります。センサーが反応しない、水量と温度調節は手動になるなどが挙げられますが、これもメリットを考えると、さほど気にならないでしょう。

買い物帰りでもラクラク!スマートキー

車では当たり前になりましたが、玄関がスマートキー対応だと便利です。スマートキーにはさまざまなタイプがあり、それぞれ特徴が異なります。

磁気カードなどをかざす「カードタイプ」であれば、財布に入れて持ち運びがしやすいでしょう。「リモコンキータイプ」であれば、離れた車からでも開錠ができます。「テンキータイプ」や「指紋認証」タイプであればカギを持ち歩く必要がないため便利といえます。

中でもおすすめなのが、スマホでも使われている「顔認証タイプ」です。買い物帰りで両手がふさがっている状態でも開錠できるため便利で、荷物をおく必要がなく衛生的でもあります。

停電時や電池切れには気をつける必要がありますが、慣れてしまったら通常のカギには戻れないでしょう。

まとめ

注文住宅でつけてよかったオプションを3つ紹介しました。オプションは、注文住宅ならではの醍醐味です。建売住宅では付けたくても付けられない場合がほとんどでしょう。

今回は3つ紹介しましたが、まだまだ魅力的なオプションはたくさんあります。自分たちにあったオプションを付けることで理想の家を完成させましょう。

RKB住宅展では、さまざまなモデルハウスをご覧いただくことができます。付けたいオプションが見つかる可能性がありますので、一度見学してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人
内村 純也
内村 純也(宅地建物取引士)
注文住宅、新築住宅、不動産仲介、投資物件の営業など約20年間、不動産業界に従事しました。現在は宅地建物取引士の知識を活かし、不動産専門のWebライターとして、注文住宅を中心に不動産関連の記事を主に執筆しております。

ブログ一覧へ

ピックアップ記事

イベント

【3月イベント情報】春のお菓子まつり

2024.02.27

【3月イベント情報】春のお菓子まつり

→ MORE

ユーザーズボイス

vol.10「家づくりに3年。吹き抜けとインナーガレージを叶えた、満足度MAXの住まい」

2024.02.13

vol.10「家づくりに3年。吹き抜けとインナーガレージを叶えた、満足度MAXの住まい」

→ MORE

イベント

【2月イベント情報】今年の冬はRKB住宅展に行こう

2024.01.31

【2月イベント情報】今年の冬はRKB住宅展に行こう

→ MORE