注文住宅でやってよかった!こだわりのポイントとは?(間取り編)

2024.01.11

注文住宅の大きな魅力は何といっても、自分たち好みの間取りにできることでしょう。

「間取りが自由に選べるためどんな間取りがいいかわからない!」

そんな方も多いのではないでしょうか。

本記事では、そんな方々のために、注文住宅でやってよかった間取り、こだわりのポイントについて解説します。

注文住宅を検討している方はぜひ最後まで読んで参考にしてください。

便利で衛生的なシューズクロークを採用する

シューズクロークとは、玄関横につくられる靴や小物などを収納する大きなスペースで、シューズクローゼット、土間収納と呼ぶこともあります。シューズクロークには靴を履いたまま出入りできるタイプもあります。

靴のほか、帽子やコート、傘など外出時に必要なものを収納することができ、姿見鏡を設置すれば外出前に靴を履いたまま身だしなみの確認ができます。

ベビーカーやゴルフバック、子供の外遊びの道具なども収納することができるため、外からホコリや砂、ウイルスなどを家の中に持ち込まずに済みます。玄関側と室内側に出入口を設けることによって、家族が履く靴を玄関に置かなくて済むため、玄関がスッキリし、いつ来客があっても片付ける必要がありません。

また、シューズクロークに簡易的な洗面台を設置することで手洗いができるためより衛生的になるでしょう。

ファミリークローゼットの採用で家事の時短が可能に!

ファミリークローゼットとは、家族全員の衣服類をまとめて収納できるクローゼットのことです。家族全員分の衣服類を一箇所にまとめるため整理整頓しやすく、誰がどこを使うか決めておけば片付ける習慣をつけやすいでしょう。

ファミリークローゼットを設置しない場合は、各居室のクローゼットにそれぞれ収納することになります。子供が小さい間は代わりに片付けるため、洗濯後に衣服類を収納する場合、ランドリールームと各居室の往復で時間がかなりかかるでしょう。

ランドリールームに洗濯物を干すスペースを確保しファミリークローゼットを併設できれば、洗濯、干す、たたむ、収納するまでの一連の流れが一箇所に集約できることになります。

帰宅後は、シューズクロークで身の回りのものを片付け、ファミリークローゼットで部屋着に着替え、そのまま併設したランドリールームに洗濯物を入れられるため無駄のない動きができます。

また、各居室にクローゼットを設置する必要がないため、きれいなかたちの居室をつくりやすくなります。デッドスペースができにくいため空間の有効活用ができるでしょう。

ストレスが軽減される!生活動線と家事動線

生活・家事動線とは、生活・家事がしやすいように考えられた動線のことです。生活・家事動線を意識した間取りにすることで、生活がしづらいストレスが軽減され、家事の時短が可能になります。

生活・家事動線が良い間取りを考える際に重要なポイントは以下の通りです。

● 収納スペースの位置
● 移動距離
● 回遊動線

それぞれ解説します。

収納スペースの位置

生活するうえで必要な収納スペースですが、動線を考えて配置することにより、無駄な動きがなくなり生活がしやすくなります。

先述の通り、ファミリークローゼットとランドリースペースを併設できれば、家事はしやすく時短ができます。キッチン付近にパントリーを設置できれば、キッチンでの作業や収納もラクになるでしょう。

シューズクロークがあることによって、外出時や帰宅時の無駄な動きがなくなり、掃除用具の収納場所も一箇所にまとめておけば、掃除もはかどります。

このように必要な場所に収納スペースを配置することによって、生活や家事がしやすくなるため、動線を意識することは間取りを考えるうえで重要なことと言えます。

移動距離

洗濯してから収納するまでなど、家事を行う際の移動距離を短くできれば、時短につながりラクになるでしょう。

キッチン、浴室、洗面台、トイレなどの水回りはなるべく近くにまとめることで掃除がしやすくなり、勝手口の位置を考慮することによりゴミ捨てがしやすくなります。

普段の生活で必要なことの移動距離が短ければ、ストレスが軽減されるでしょう。

回遊動線

回遊動線とは、行き止まりがなく回れる動線のことです。たとえばキッチンは、アイランドキッチンにすることにより、左右どちらからでもキッチンに入れます。ランドリースペースやファミリークローゼットなどは出入口を2箇所にすることによって回遊できるようになるでしょう。

回遊できることによって家族数が多い場合でも、朝の忙しい時間帯などにもスムーズに移動ができ、コミュニケーションもとれやすくなります。

部屋の行き来もしやすくなるため家事の時短にもつながるでしょう。

まとめ

注文住宅でやってよかった、間取りのこだわりのポイントについて解説しました。生活動線や家事動線を考えることは、生活するうえで非常に重要なことです。

今回は人気の高いシューズクロークとファミリークローゼットを解説しましたが、注文住宅での間取りはたくさんあります。後悔しないように自分たちにあった理想の間取りを考えましょう。

RKB住宅展では、さまざまな間取りのモデルハウスをご覧いただくことができます。参考になる間取りがきっと見つかると思いますので、一度見学してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人
内村 純也
内村 純也(宅地建物取引士)
注文住宅、新築住宅、不動産仲介、投資物件の営業など約20年間、不動産業界に従事しました。現在は宅地建物取引士の知識を活かし、不動産専門のWebライターとして、注文住宅を中心に不動産関連の記事を主に執筆しております。

ブログ一覧へ

ピックアップ記事

イベント

【3月イベント情報】春のお菓子まつり

2024.02.27

【3月イベント情報】春のお菓子まつり

→ MORE

ユーザーズボイス

vol.10「家づくりに3年。吹き抜けとインナーガレージを叶えた、満足度MAXの住まい」

2024.02.13

vol.10「家づくりに3年。吹き抜けとインナーガレージを叶えた、満足度MAXの住まい」

→ MORE

イベント

【2月イベント情報】今年の冬はRKB住宅展に行こう

2024.01.31

【2月イベント情報】今年の冬はRKB住宅展に行こう

→ MORE