vol.10「家づくりに3年。吹き抜けとインナーガレージを叶えた、満足度MAXの住まい」

2024.02.13

小倉北区 K様邸[ハウスメーカー:トヨタホーム]

RKB住宅展では、さまざまなハウスメーカーのモデルハウスを見学することができます。
内覧で信頼できる担当者と出会い、マイホームの夢を叶えたエピソードも少なくありません。

小倉北区のK様も、「思いつきでRKB住宅展の小倉北の展示場を覗いてみた」ところからスタート。たまたま、あるモデルハウスに呼び込まれて話を聞いたところ、思いのほか楽しくて、本気でハウスメーカー選びを始めるきっかけになったのだそうです。

そして、トヨタホームで家を建てることに決定。
「絶対に譲れなかった」という幾つもの希望を、3年かけて叶えることができました。

希望エリアは、絶対に譲れない条件のトップだった

家づくりのこだわりや譲れない条件はそれぞれ。
K様にとって一番大切な条件は、居住エリアでした。住みたい場所が決まっていたのです。

「土地探しだけで2年かかりました。人気のエリアだったので難しいかと思ったのですが、担当さんが粘って探してくださって」

担当したトヨタホームの松岡さん に尋ねてみると、「ご紹介した土地は数多くありましたが、K様の候補に挙がったのは10か所ほど。それ以外にも数えきれないほどチェックしました」とのこと。

チェックした中から、良さそうな場所には実際に出向き、条件に合う土地だけを厳選してK様に紹介。
松岡さんの、お客さまのこだわりに徹底して寄り添う姿勢が、K様には頼もしく映りました。

「あまりに時間をかけていたので連絡がなくなった担当者さんもいて。でも松岡さんは違いました。だから今、この家が出来上がって、私たちがここに住めているのだと感謝しています」

ダイニングテーブルに座って、理想を叶えたリビングをぐるりと眺めるK様は、とても満足そうな表情でした。

自慢はインナーガレージ!趣味のバイクをリビングから愛でる

もうひとつ、どうしても譲れなかった希望は、インナーガレージです。

「以前の家はバイクを置く場所がなく、他でガレージを借りていました。そうすると経費もかかるし、防犯面でも安心できません。大切なバイクですから、どうしてもインナーガレージを作ると決めていました」

「休日はリビングでお酒を飲みながら車やバイクを眺めたりして過ごしています」とK様。
メンテナンスも、腰を据えて思いっきり楽しんでいるそうです♪

これはまさに、バイカーの夢!
まるでショールームのようなガレージに仕上がったポイントは、外壁をそのまま活用した壁です。

暖色系のライトとの相性も良く、壁面の汚れも目立ちません。

ガレージのシャッターをウッド調にしたことで、屋内のインテリアとエクステリアが美しく調和しています。

 

吹き抜けリビングも取り入れたため、間取りづくりはパズルのようだった

「大変だったのは間取りづくりでした。インナーガレージと吹き抜けリビングはスペースを広く必要とするため、間取りの組み合わせはまるでパズルのように難解でした」

毎週末になるとメジャーを持ってモデルハウスを訪れ、50cm刻みでシミュレーションを繰り返したK様と松岡さん。
「その甲斐あって、想像通り、理想通りのイメージで仕上がりました」

インテリアコーディネーターを始め、腕利きのプロが集まって、K様が「これは無理ですよね?」と言いつつ繰り出す希望に対して、いろいろな角度からの提案が出されたのだそう。

「力強い提案力のおかげで、想定を越えたデザインを叶えることができました。リビングのL字型にふかせた壁は照明のためではなく、実は配線を隠すためです。ただ隠すのではなく、インテリアとして一段上の発想を持ってきてくださって、素敵な仕上がりになりました」

“壁をふかす” とは、仕上げ面の壁に厚みを持たせたり、2枚構造にして一部を前に出したりする工法のこと。
デザイン性の高いアイディアは、吹き抜けリビングの居心地をランクアップする効果ももたらしていました。

親子の距離感が程よく保てる工夫が随所に光る

思春期を迎えるお子さまがいるご家庭は、プライバシーの尊重も大事にする必要があります。
お互いの存在を、会話でなく空気で感じられる家づくりを意識して、吹き抜けリビングとスケルトン階段の組み合わせを採用しました。

「もうひとつ工夫したのは、2階のフリースペースです。子どもの成長や将来の変化に対応できる間取りが欲しいと思いました」

階段ホールを区切らずフリースペースにしたことで、空間も広々。今はお子さまと共有しながら、主にワークスペースとして活用しているそうです。

収納力にもこだわりを。生活動線との組み合わせが秀逸!

暮らしやすさに欠かせない収納も、譲れないこだわりポイントでした。
キッチンの奥に扉付きのパントリーを設置して、収納力をアップ。悪目立ちしやすい給湯のリモコンなどは、キッチンカウンター横のボード裏へ。

アイランドキッチンだから、回遊性はバッチリ!
インナーガレージから、リビングとキッチン、玄関の3方向にアクセスできるため、食材を買い込んだ日も最短距離でキッチンに運べます♪

洗面、バスルームは2階に設置しています。たっぷり容量のウォークインクローゼットと洗面室を繋げたことで、衣類の片付けもシンプルかつ楽になりました!

お話を伺った日は、ご入居から2ヶ月目の点検の日でした。ご自身でできるメンテナンスや、実際に暮らしてみて感じた疑問などは、このタイミングで確認できます。

さりげない工夫ポイントは、玄関すぐの手洗い場。洗面所へ移動しなくても、リビングへ入る前にさっと汚れが落とせます♪
K様の住まいは、隅々まで配慮の行き届いた快適さで詰まっていました。

これから家づくりを始める人へのメッセージ

「トヨタホームさんに決めたのは、真ん中に柱がないインナーガレージを作りたいという希望を、理想の形で叶えてもらえる技術力があったこと。そして担当の松岡さんがとても信頼できる方だったことです。
まずは希望をしっかり伝えて、それを受け止めてもらえる担当者さんとお付き合いすることが大切だと思います。妥協はすればするほど、後悔が増えるだけですから」

「家づくりを始めるにあたって、”家づくりの後悔ポイント” を紹介するインターネット上の動画なども参考にしました。いろいろな事例を自分なりに噛み砕いて譲れないポイントを先に決めていたことで、打ち合わせをスムーズに進められたと思います」

担当の松岡さんからも、「土地を探すときは実際に現地を歩いて、日当たりや土地の形だけでなく、エリア全体の雰囲気を見ておくことも大切です」とアドバイスがありました。

「小さなこだわりにもトヨタホームさんが応えてくださって、満足度100%の住まいになりました」と話すK様の笑顔から、理想の家を実現した喜びがひしひしと伝わってきました!
K様、有り難うございました。

ユーザーズボイス一覧へ

ピックアップ記事

イベント

【3月イベント情報】春のお菓子まつり

2024.02.27

【3月イベント情報】春のお菓子まつり

→ MORE

ユーザーズボイス

vol.10「家づくりに3年。吹き抜けとインナーガレージを叶えた、満足度MAXの住まい」

2024.02.13

vol.10「家づくりに3年。吹き抜けとインナーガレージを叶えた、満足度MAXの住まい」

→ MORE

イベント

【2月イベント情報】今年の冬はRKB住宅展に行こう

2024.01.31

【2月イベント情報】今年の冬はRKB住宅展に行こう

→ MORE